Category Archives: 株式

7月30日の今買う大化け候補銘柄

SCSK <9719> 20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比23.4%増の81.3億円に伸びて着地。旺盛なIT投資需要を追い風に、製造業や流通業向けのシステム開発や保守運用サービス、システム販売の受注が増えたことが寄与。開発生産性の向上などで採算が上向いたことも利益拡大に貢献した。 ファインデ <3649> 19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の2億0100万円→2億7000万円に34.3%上方修正。増益率が3.4倍→4.5倍に拡大する見通しとなった。医療システムの需要が増加し、売上高が計画を13.9%も上回ったことが利益を押し上げた。システム導入に係る工数や経費、人件費の増加を吸収し、大幅増益を達成した。 さくらネット <3778> 20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の1.5億円→3.1億円に2.1倍上方修正。従来の27.9%減益予想から一転して49.0%増益見通しとなった。設備投資の見直しや原価低減策が奏功し、減価償却費・リース料や電力費、賃借料が想定を下回ることが寄与。採用の遅れや既存人員の活用で人件費が減少することなども上振れの要因となる。 寿スピリッツ <2222> 20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比87.7%増の15.6億円に拡大して着地。新規出店効果や既存店の強化などで洋菓子店「シュクレイ」の業績好調が継続したことが寄与。空港免税エリアでの販売が拡大したことに加え、活況だった大型連休も追い風材料になった。

7月18日の今買う大化け候補銘柄

ジャストプラ<4287> イオンリテール(千葉市)が運営するイオンスタイル甲子園で、19日よりモバイルオーダーシステム「Putmenu」の運用を開始すると発表している。イオンスタイル甲子園はプロ野球開催日に観戦用の惣菜、飲み物などを買い求める顧客が多い。Putmenuと連携することで、顧客は自宅や球場に向かう道中でイベント観戦セット(惣菜・飲料等)の事前注文・決済を行うことが可能となる。 CDS <2169> 19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の6.1億円→7億円に14.2%上方修正。増益率が9.5%増→25.0%増に拡大し、従来の7期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。技術システム事業で機器販売の大型案件を受注し、売上高が計画を22.2%も上回ったことが利益を押し上げた。 キヤノン<7751> 19年12月期営業利益は前期比4割減の2000億円強にとどまり、従来予想を600億円ほど下回るとの観測報道が伝わっている。上半期決算発表時に、今期2度目となる業績下方修正が行われる見込みとされている。半導体市況の悪化や欧州景気の減速を背景に、半導体製造装置や事務機などの販売が想定を下振れるもよう。構造改革費用も当初想定の200億円を上回るもようと。これまでの精度は高く、業績下振れを織り込む動きに。 NOK<7240> 前日に業績予想の下方修正を発表している。上半期営業利益は従来予想の55億円から15億円に、通期では310億円から205億円に下方修正。市場コンセンサスとの比較では、上半期は50億円、通期では100億円ほど下振れる形に。下方修正幅は想定以上としてネガティブな反応が先行している。中国・北米自動車向けのシール事業減少、高機能スマホ向けの電子部品事業減少が重なる見通しとなっている。

7月1日の今買う大化け候補銘柄

ジャステック <9717> 19年11月期上期(18年12月-19年5月)の経常利益(非連結)は前年同期比12.9%増の11.1億円に伸び、従来の11.0%減益予想から一転して増益で着地。企業のシステム投資需要が高まるなか、製造業や電力・運輸業、情報・通信向けの開発案件が増加し、11.2%の大幅増収を達成したことが寄与。原価率が改善したことも増益に貢献した。  日本オラクル <4716> 19年5月期の経常利益(非連結)は前の期比11.3%増の622億円に伸び、8期連続で過去最高益を更新した。データ利活用や業務効率化ニーズが高まるなか、クラウド関連の大型案件を複数獲得するなど、クラウド&ライセンス部門が2ケタ増収を達成したことが寄与。併せて、従来未定としていた前期の期末一括配当を136円実施(前の期は121円)する方針とした。なお、20年5月期の業績見通しと配当予想は開示しなかった。 田岡化学工業<4113> 同社は27日に、名古屋大学とナノグラフェン・グラフェンナノリボンの製造方法に関する共同研究契約を結んだと発表しており、これが引き続き材料視されているもよう。前場は前日に値幅制限いっぱいまで上昇した反動売りでマイナス圏に沈む場面もあったが、全体相場が軟調地合いとなるなか再び人気を集めるかたちとなっている。また、この日の上昇でチャート上では、5日移動平均線と25日移動平均線とのゴールデンクロスが実現したほか、中期的なトレンドを示す75日移動平均線を突破するなどテクニカル妙味が浮上。PER7倍台前半、PBR1倍前後と割高感はなく、これらが先高期待につながっている面もあるようだ。 よみうりランド <9671> は遊園地入場者の増加基調が続くうえ、川崎競馬場と船橋競馬場を運営する公営競技部門では勝馬投票券の購入額に連動する賃料収入が伸びる。また、サポートサービス事業はグループ内部工事の増加で大幅増収を見込む。

6月27日の今買う大化け候補銘柄

ピックルスコーポレーション <2925> 20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比77.0%増の7.8億円に拡大し、3-8月期(上期)計画の10.1億円に対する進捗率は77.6%に達し、5年平均の47.6%も上回った。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.1%→7.0%に改善した。 パレモ・ホールディングス <2778> 20年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比19.7%増の3.3億円に伸び、3-8月期(上期)計画の6.5億円に対する進捗率は51.0%となり、5年平均の52.5%とほぼ同水準だった。直近3ヵ月の実績である3-5月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の4.7%→5.6%に改善した。 フェニックスバイオ <6190> 新鮮ヒト肝細胞「PXB-cells」にサイトパスファインダー社の製品「siRNA固相トランスフェクションプレート」を用いた「In vitro siRNAトランスフェクションアッセイキット」を販売する。ユーザーは煩雑な条件検討を行うことなくsiRNA実験に注力することが可能となり、大幅な時間削減とコスト削減につながる。 小野薬品工業 <4528> 米ラファエル社とがん代謝阻害剤「devimistat」およびその関連化合物を独占的に開発・商業化するライセンス契約を締結。契約一時金14億円に加え、開発進捗と売上高に応じたマイルストーン最大162億円、ロイヤリティをラファエル社に支払う。

今が買いの上昇が期待銘柄 1月16日

TOW <4767> 19年6月期上期(7-12月)の連結経常利益を従来予想の9.1億円→11.9億円に30.8%上方修正。従来の16.4%減益予想から一転して9.3%増益を見込み、4期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなった。受注が好調だったことに加え、外資系大手嗜好品メーカーによる新ブランドの大型体験イベントなどの大型案件も収益を押し上げた。原価管理の徹底や販管費の抑制も上振れに貢献した。 セキュアヴェイル<3042> は急騰、150円高は値幅制限いっぱいに買われる場面があった。あらゆるものをネット接続するIoT時代の到来で、リアルな生活空間においてもサイバー犯罪に晒される可能性が高まっている。また、国際間では政府機関や大手民間企業などへのサイバー攻撃が頻発化、サイバーセキュリティー分野に対するニーズは年々高まっているが、そのなか、同社はログ解析サービスや運用監視サービスを展開し時流に乗る。大株主でもあるNRIグループとの協業でハードを一括納入して完結するのではなく、継続的に収益貢献の見込めるセキュリティー監視を主力としている点が成長期待につながっており、目先水準訂正を狙った投資資金の流入が加速した。 ロジザード <4391> 19年6月期上期(7-12月)の連結経常利益を従来予想の6200万円→1億2800万円に2.1倍上方修正。開発導入サービスで既存取引先からの追加開発案件の受注が想定以上に伸びたうえ、主力の物流在庫管理クラウドも好調で、売上高が計画を20.0%も上回ったことが利益を押し上げた。 ラクト・ジャパン <3139> 18年11月期の連結経常利益は前の期比3.6%増の26.1億円になり、19年11月期も前期比7.2%増の28億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収、4期連続増益になる。同時に、今期の年間配当は前期比4円増の44円に増配する方針とした。直近3ヵ月の実績である9-11月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比3.4倍の6.8億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.0%→2.3%に改善した。

今が買いの上昇が期待銘柄 1月9日

シーズメン<3083> 同社は7日に発表した12月度の月次販売速報で、既存店売上高が前年同月比12.5%増と2ケタ増となり、7カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。12月は、冬物商戦のピークであるボーナス・クリスマス・年末商戦などのイベントに向けて、商品投入や売場づくり、各店舗における販売体制整備などの事前準備を進め、全社を挙げて店舗販売力の強化を実施。その結果、METHODではストリート、スポーツブランドのスウェット類、バイカーブランドの商品群、流儀圧搾ではキャラクターブランドの商品群、和柄ボトムス類が好調に推移した。 そーせいグループ<4565> 同社は7日の取引終了後、英アストラゼネカ社からAZD4635の開発でマイルストンを達成した旨の通知を受けたと発表した。これに伴いアストラゼネカ社から1500万ドルのマイルストンを受領することになることが好感されている。AZD4635は、そーせいが創製し15年にアストラゼネカ社にグローバルでの独占的ライセンス供与した薬剤で、固形がん患者を対象とした単剤およびアストラゼネカ社の抗PD-L1抗体デュルバルマブとの併用を評価する第1相臨床試験を現在実施している。 フォーサイド<2330> 同社は7日の取引終了後、中国物流大手の順豊エクスプレス傘下で、Eコマース事業を行うfengqu.comと包括的業務提携することで基本合意したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。今回の提携は、中華圏における事業拡大を狙ったもの。提携により両社は協力してアニメグッズなどを中華圏で企画製造販売するほか、fengqu.comが主催するイベントで販売するグッズなどをフォーサイドが企画製造することなどを行う予定。また、双方の技術や企画などを持ち寄り新規事業を推進することなども計画しているという。 バイク王&カンパニー 同社は7日の取引終了後、集計中の18年11月期単独業績について、売上高が190億円から199億2100万円(前の期比9.1%増)へ、営業損益が500万円から6500万円(前の期2億6300万円の赤字)へ、純利益が5000万円から8700万円(前の期比78.3%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。リテール販売台数の増加や高収益車両の仕入れ構成割合の増加で、平均売り上げ単価(1台当たり売上高)が前期を上回ったことに加えて、仕入れ台数が増加したことが寄与。また、仕入れプロセスの見直しも利益を押し上げた。

今が買いの上昇が期待銘柄 7月4日

リミックスポイント<3825> 省エネ化支援コンサルティング、中古車査定システム開発・販売などを手掛ける。高圧需要家向け電力小売供給も展開。金融関連事業等に注力。エネルギー関連事業は売上増。契約件数が増加。18.3期は最終黒字転換。 金融関連事業は好調。口座開設数の増加で取引量が伸びる。旅行関連事業はインバウンド需要が追い風。19.3期は大幅な増収増益見通し。決算後の株価上昇は一服だが、PERには上値余地。株価は再度上昇反転へ。 そーせいグループ<4565> 製品開発を手掛ける創薬系バイオベンチャー。慢性閉塞性肺疾患薬とGたんぱく質解析技術に係る一時金が収益源。開発中断化合物の新規用途を探索。自社パイプラインを拡大。18.3期は苦戦。通期業績見通しは非開示。 臨床試験3件開始で、年内研究開発費は7000万ドル以上を想定。アラガンとアストラゼネカに導出の化合物は来期フェーズ2入り。MiNA社買収オプションの行使有無は下期開示へ。調整一巡感強く、株価反発間近か。 RIZAPグループ<2928> 同社の株主優待は、保有株式数に応じてカタログに記載されたRIZAPグループ商品に交換することができる。グループ企業の増加により商品提供企業が22社、優待商品数は300点以上へ拡大。株主限定のオリジナル商品(非売品)も加わっている。 また、創業15周年を記念した特別優待や長期保有株主向けの優遇制度の改定があったこともあり好評を博しているようだ。

今が買いの上昇が期待銘柄 5月14日

電子材料 <6855> 18年3月期の連結経常利益は前の期比3.5倍の4億5600万円で着地。続く19年3月期も前期比97.4%増の9億円に拡大する見通しとなった。今期もデータセンターや自動車向けなど旺盛な半導体需要が続くなか、NAND型フラッシュメモリー向けを中心に半導体検査用プローブカードの販売が伸びる。 イーレックス<9517> 18年3月期決算を発表している。営業利益は48.1億円で前期比36.2%増となり、従来計画の44.9億円を上回った。販売量の増加に伴い、仕入電力量や託送料金が増加した。19年3月期は69.3億円で同43.9%増の見通し。従来の中計目標値66.6億円を上回っている。さらに20年3月期は93億円を計画しているようだ。高い業績成長の継続を評価する動きが強まっている。 共同ピーアール <2436> 18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比4.1倍の1億1100万円に急拡大し、1-6月期(上期)計画の9200万円に対する進捗率が120.7%とすでに上回り、さらに5年平均の72.7%も超えた。直近3ヵ月の実績である1-3月期(1Q)の売上営業利益率は前年同期の2.9%→8.7%に急改善した。

今が買いの上昇が期待銘柄 5月3日

 JIA <7172> 18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の16.5億円に急拡大して着地。主力のオペレーティング・リース事業で航空機とコンテナ部門の組成が順調に進む中、投資家からの旺盛な需要を背景に、出資金の販売が大きく伸びたことが寄与。業績好調に伴い、上期の同利益を従来予想の24億円→35億円に45.8%上方修正。増益率が52.2%増→2.2倍に拡大する見通しとなった。 <2914> JT 前日に第1四半期決算を発表、営業益は1468億円で前年同期比1.5%減益、為替一定ベースの調整後営業益は1510億円で同0.5%増であった。決算にサプライズはないが、国内タバコの調整後営業益が同14%減で着地、経費削減の進捗などで想定以上に底堅いとの見方が多いようだ。また、加熱式たばこ「プルーム・テック」の全国拡販の開始時期を9月から6月に前倒しした事なども好意的に捉えられている。 安川電機<6506> 産業用メカトロニクス製品のメーカー。サーボモータ等で世界首位。生産設備の高度化・自動化が加速、インフラ投資等の回復により需要が好調な海外市場に注力。ロボット市場拡大。海外の自動車・一般産業向け需要好調。中国を中心にスマホや自動車向けの設備投資需要が伸長。産業モーターや制御機器の受注増える。産業用ロボットの世界的な需要増が増加。国内外で産業用ロボットが好調。中国の工場を増設し、生産能力を増強。採算も改善。

3月14日の今買う大化け株

サカタインクス <4633> 13日の取引終了後、4月9日出荷分からグラビアインキ製品を1キログラム当たり45~60円値上げすると発表しており、採算改善への期待感から買いが入った。主原料である顔料が、中国の環境規制強化により供給量減少を招き、需給バランスが逼迫して高騰していることに加えて、原油・ナフサ価格高の影響を受けて樹脂・溶剤なども上昇していることなどから、値上げを余儀なくされたとしている。 SFPホールディングス <3198> 13日、SFPホールディングス <3198> [東証2]が発行済み株式数の12.8%にあたる376万7581株の自社株を消却すると発表したことが買い材料。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。消却予定日はは3月22日。 サカタインクス <4633> サカタインクス<4633>が大幅高で4連騰。13日の取引終了後、4月9日出荷分からグラビアインキ製品を1キログラム当たり45~60円値上げすると発表しており、採算改善への期待感から買いが入った。主原料である顔料が、中国の環境規制強化により供給量減少を招き、需給バランスが逼迫して高騰していることに加えて、原油・ナフサ価格高の影響を受けて樹脂・溶剤なども上昇していることなどから、値上げを余儀なくされたとしている。