今が買いの上昇が期待銘柄 9月4日

投稿者: | 9月 4, 2020

OSJBホールディングス <5912>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.34%にあたる160万株(金額で3億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は9月4日から12月30日まで。

アルチザ <6778>
20年7月期の連結経常利益は前の期比6.0倍の3.9億円に急拡大し、従来予想の3億円を上回って着地。続く21年7月期も前期比16.0%増の4.6億円に伸びる見通しとなった。前期は4G向けの研究開発費の負担軽減で販管費が減少したことが上振れの要因。今期は引き続き5G向け通信計測器の販売やテストサービスの受託などが伸び、11.4%の増収を見込む。併せて、今期の年間配当は前期比6円増の12円に大幅増配する方針とした。

ラクーンHD <3031>
21年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は前年同期比90.9%増の3.3億円に拡大して着地。EC事業で主力の卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の流通額が急増し、システム利用料収入が大きく伸びたことが寄与。コロナ禍の長期化でECニーズが高まったことが追い風になった。

不二電機工業 <6654>
上期経常は24%増益で着地。また、発行済み株式数(自社株を除く)の4.22%にあたる25万株(金額で3億2275万円)を上限に、9月4日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

蔵王産業 <9986>
発行済み株式数(自社株を除く)の9.6%にあたる60万株(金額で8億4300万円)を上限に、9月4日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。大株主である佐々木健二氏が保有株を売却する意向を示したことに対応する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です