今が買いの上昇が期待銘柄 1月9日

By | January 8, 2019

シーズメン<3083>
同社は7日に発表した12月度の月次販売速報で、既存店売上高が前年同月比12.5%増と2ケタ増となり、7カ月連続で前年実績を上回ったことが好感されている。12月は、冬物商戦のピークであるボーナス・クリスマス・年末商戦などのイベントに向けて、商品投入や売場づくり、各店舗における販売体制整備などの事前準備を進め、全社を挙げて店舗販売力の強化を実施。その結果、METHODではストリート、スポーツブランドのスウェット類、バイカーブランドの商品群、流儀圧搾ではキャラクターブランドの商品群、和柄ボトムス類が好調に推移した。

そーせいグループ<4565>
同社は7日の取引終了後、英アストラゼネカ社からAZD4635の開発でマイルストンを達成した旨の通知を受けたと発表した。これに伴いアストラゼネカ社から1500万ドルのマイルストンを受領することになることが好感されている。AZD4635は、そーせいが創製し15年にアストラゼネカ社にグローバルでの独占的ライセンス供与した薬剤で、固形がん患者を対象とした単剤およびアストラゼネカ社の抗PD-L1抗体デュルバルマブとの併用を評価する第1相臨床試験を現在実施している。

フォーサイド<2330>
同社は7日の取引終了後、中国物流大手の順豊エクスプレス傘下で、Eコマース事業を行うfengqu.comと包括的業務提携することで基本合意したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。今回の提携は、中華圏における事業拡大を狙ったもの。提携により両社は協力してアニメグッズなどを中華圏で企画製造販売するほか、fengqu.comが主催するイベントで販売するグッズなどをフォーサイドが企画製造することなどを行う予定。また、双方の技術や企画などを持ち寄り新規事業を推進することなども計画しているという。

バイク王&カンパニー
同社は7日の取引終了後、集計中の18年11月期単独業績について、売上高が190億円から199億2100万円(前の期比9.1%増)へ、営業損益が500万円から6500万円(前の期2億6300万円の赤字)へ、純利益が5000万円から8700万円(前の期比78.3%減)へ上振れて着地したようだと発表しており、これが好感されている。リテール販売台数の増加や高収益車両の仕入れ構成割合の増加で、平均売り上げ単価(1台当たり売上高)が前期を上回ったことに加えて、仕入れ台数が増加したことが寄与。また、仕入れプロセスの見直しも利益を押し上げた。