明日11月14日ストップ高予想銘柄

By | November 13, 2017

<6239> ナガオカ
17年7-9月期(第1四半期)決算を発表している。売上高は前年同期比64.3%増の8.73億円、営業損益は0.58億円の黒字(前年同期は0.85億円の赤字)に転換して着地した。水関連事業、エネルギー関連事業ともに収益が大きく改善した。18年6月期の通期業績については、営業損益で2.11億円の黒字(前期は5.92億円の赤字)とする従来予想を据え置いている。

<6166> 中村超硬
17年4-9月期(第2四半期累計)決算発表とともに、18年3月期の通期業績予想を上方修正している。第2四半期累計の営業損益は6.94億円の黒字(前年同期は1.94億円の赤字)で着地した。また、通期営業利益見通しは従来の8.00億円から15.00億円(前期は16.53億円の赤字)へと引き上げた。かねて通期業績の上振れ期待は高かったが、修正後の営業利益見通しは市場コンセンサス(12億円程度)を上回った。

<5706> 三井金
上半期決算を発表、同時に通期予想を上方修正しており、経常利益は300億円から390億円に大きく引き上げ。市場コンセンサスを30億円強上回る水準となっている。極薄銅箔やITOターゲット材など機能材料事業の好調が業績上振れの背景。下期には電子材料の在庫調整なども懸念されていたが、こうした警戒感は払拭される形にもなっている。野村証券では目標株価を7600円から8300円に引き上げ。