今が買いの上昇が期待銘柄 1月18日

セントラル警備保障 <9740>
19年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の30.3億円に急拡大し、通期計画の33.7億円に対する進捗率は90.0%に達し、5年平均の76.6%も上回った。会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した12-2月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比54.6%減の3.3億円に大きく落ち込む計算になる。直近3ヵ月の実績である9-11月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比4.2倍の9.5億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の1.8%→5.9%に大幅改善した。

NSD<9759>
独立系のシステムインテグレータ。金融機関向けシステム開発に強い。先端技術推進本部を新設し、AI・IoTなどの分野を強化。中計では21.3期に営業益85億円を目指す。19.3期2Qは増収増益。計画比上振れ。19.3期は金融機関向け大型システム開発が剥落。だがサービス、製造業、運輸、電気・ガス向けが伸長。子会社の株主優待支援が伸びる。人件費増こなし、増収増益へ。連続増配。株価は堅調な業績を材料に上向くと想定。

ナガオカ<6239>
同社は17日取引終了後に、スクリーン・インターナルを大口受注したと発表。将来の業績への寄与などが期待されているようだ。スクリーン・インターナルとは、石油精製や石油化学、肥料プラントの心臓部である反応塔内で、原料の原油や天然ガスを変化させ、反応、抽出、分離を行う触媒をサポートする内部装置。今回の受注は、プラスチックの原料であるプロピレンの需要増加が見込まれるなか、欧州で新設のプロピレン・プラントの建設計画があり、プロセス・ライセンスを保有する米UOP社の認証メーカーとしてスクリーン・インターナルを長年製造供給してきた実績が評価された。なお、受注金額は約14億4700万円で、契約納期は20年11月となっている。

<6837> 京写 3
スクリーン印刷法による微細パターン形成技術をベースに、0603(0.6×0.3ミリ)ランド形成が可能となる高精細スクリーン版とインクを開発したと発表。また、スクリーン印刷法による0603チップ部品に対応可能な片面プリント配線板の供給に実現の目処が立ったとしている。積層セラミックコンデンサは、1005(1.0×0.5ミリ)サイズから0603サイズに急速に移行しつつあるという。