今が買いの上昇が期待銘柄 10月12日

2018/10/11 16:10

ディップ <2379>
19年2月期の連結経常利益を従来予想の115億円→125億円に8.8%上方修正。増益率が7.1%増→16.5%増に拡大し、従来の6期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。旺盛な求人需要を背景に、求人情報サイトの広告出稿件数が堅調に推移するなか、人件費や採用関連費、広告宣伝費が想定を下回ることが利益を押し上げる。
業績上振れに伴い、今期の年間配当を従来計画の45円→49円(前期は43円)に増額修正した。

ビックカメラ <3048>
18年8月期の連結経常利益は前の期比20.0%増の292億円で着地。続く19年8月期も前期比4.6%増の306億円に伸び、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期はテレビや冷蔵庫、洗濯機など主力の家電商品が伸びるほか、医薬品・日用雑貨、スポーツ用品、酒類・飲食物といった非家電分野の好調継続を見込む。業績好調に伴い、前期の年間配当を12円→20円(前の期は12円)に増額し、今期も20円を継続する方針とした。

カンセキ <9903>
19年2月期上期(3-8月)の連結経常利益は前年同期比34.4%増の7億7800万円に拡大し、従来予想の6億6500万円を上回って着地。キャンプ関連用品を中心に販売が好調だったアウトドア専門店のWILD-1事業が収益を牽引した。記録的な猛暑を背景に、業務スーパーで氷・飲料水や塩分補給食材などの特需があったことも増益に貢献した。通期計画の8億2000万円に対する進捗率は94.9%に達しており、業績上振れが期待される。併せて、今期の年間配当を従来計画の8円→10円に増額修正した。