今が買いの上昇が期待銘柄 7月17日

2018/07/16 06:10

S FOODS<2292>
12日の取引終了後に発表した第1四半期(3~5月)連結決算が、売上高816億9300万円(前年同期比8.5%増)、営業利益29億7400万円(同7.9%増)、純利益18億1700万円(同16.0%減)と営業増益で着地したことが好感されている。
主力商品こてっちゃんの販促キャンペーンの継続的取り組みとグループ企業間の協力関係の強化を進めたことで、食肉等の製造・卸売事業が大幅に伸長。また、食肉等の小売事業で生産性の向上のための作業工程の見直しや適正な人員配置のためのシフトコントロールの強化、不採算店の閉鎖などを行ったことが寄与した。

西尾レントオール<9699>
道路・土木、建築・設備等のレンタル関連事業が主力。展示会・ディスプレイ関連機材のレンタルも。建機レンタル業界でトップクラスのシェア。道路・土木関連分野は道路舗装機械等が堅調。18.9期2Qは2桁増益。
建築・設備関連分野は首都圏の再開発工事の本格化が寄与。プラント工事は火力発電所等の新設工事等が売上寄与。18.9期通期業績予想を上方修正。2Q決算は好材料。割高感はなく、今後の株価はリバウンド継続へ。

コロプラ<3668>
同社は25日、スマートフォンゲーム「DREAM!ing(ドリーミング!)」を8月に配信開始することを発表、これが株価を刺激している。同ゲームは、「ふたりの絆」をテーマにしたコロプラ初の女性向けゲームということで期待がかかっている。株価は5月下旬以降下値模索の展開となり、きょうも年初来安値を更新したものの、足もとは売り一巡感が出ている。