今が買いの上昇が期待銘柄 7月11日

2018/07/11 06:10

システム ディ <3804>
10日付の日本経済新聞朝刊に掲載された特集記事、売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象とした直近の総資産に対する営業キャッシュフロー比率の改善度合いランキングで、同社が1位となったことが刺激材料となったようだ。同社は学校法人向け業務ソフトやスポーツクラブ向け管理ソフトの開発・販売を手掛ける。

MTG<7806>
は、午前9時43分に公開価格5800円を1250円(21.6%)上回る7050円で初値をつけた。9時48分にはこの日の高値7580円まで上昇したが、その後は換金売りが優勢となり、一時は初値を下回る7000円を付ける場面もあった。ただ、引けにかけて買いを集め、結局7350円で上場初日の取引を終えた

サマンサJP <7829>
19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比88倍の4.3億円に急拡大して着地。不採算店舗の閉鎖で店舗数が30店減少し、2ケタ減収となったものの、原価低減の進展に加え、人件費や広告宣伝費、販売促進費、業務委託費の削減が奏功し、採算が大きく改善した。上期計画の2.1億円をすでに2倍も上回っており、業績上振れが期待される。