今が買いの上昇が期待銘柄 5月8日

2018/05/8 06:10

JESCOホールディングス <1434>
17日、ベトナム子会社が集合住宅「セラドン シティ プロジェクト」のC棟とD棟の新築工事を受注したと発表しており、業績への寄与に期待する買いが向かった。受注金額は5.3億円。同プロジェクトの第1期工事(A棟とB棟)に続く受注獲得となる。工事内容は電気設備、空調・換気設備、給排水衛生設備、防火設備工事で、工期は4月~19年9月となる。売上は工事進行基準の適用により18年8月期から20年8月期にかけて計上する予定としている。

メドピア <6095>
18年9月期上期(17年10月-18年3月)の連結経常利益は前年同期比8.8倍の2億0200万円に急拡大して着地。コンテンツ拡充などで医師向け情報サイトの利用者が増加し、製薬企業から受け取るマーケティング支援料が伸びたことが寄与。採用費用や移転費用などを売上増加で吸収し、大幅増益を達成した。通期計画の2億2500万円に対する進捗率は89.8%に達しており、業績上振れが期待される。

和井田 <6158>
18年3月期の連結経常利益を従来予想の6.4億円→8.5億円に31.5%上方修正。増益率が2.1倍→2.7倍に拡大する見通しとなった。企業の積極的な設備投資を背景とした工作機械需要の拡大で、特殊研削盤などの販売が想定より伸びたことが寄与。原価低減の進展や経費見直しによる採算改善も上振れの要因となった。業績好調に伴い、前期の年間配当を従来計画の18円→21円(前の期は16円)に増額修正した。予想PERが15.7倍→11.9倍に低下し、割安感が強まった。