明日9月4日ストップ高予想銘柄

システムズ・デザイン <3766>
が近鉄ロジスティクス・システムズの新基幹システム受託開発を受注したと発表しており、業績拡大に期待する買いが向かった。近鉄ロジスティクス・システムズは国内輸送やロジスティクス事業を展開する近鉄エクスプレス <9375> のグループ会社。今回の受注は、物流・流通業向けシステム開発に強みを持つ子会社のシェアードシステムと共同で獲得した。8月1日から開発業務を始めており、完了は19年1月末を予定している。

エコナックHD<3521>
2015年7月以来の高値水準となっている。目立った材料はないものの、先週末に年初来高値を更新、本日は節目の100円を突破したことで、値ごろ感の強さと合わせて、上値妙味が広がる展開になっている。なお、10月2日より所属業種が不動産からサービスに変更になると先週末に発表、注目される温浴事業の拡大期待を思惑視する声もあるようだ。

スパンクリートコーポレーション <5277>
が18年3月期上期(4-9月)の経常利益(非連結)を従来予想の7800万円→1億9400万円に2.5倍上方修正したことが買い材料視された。主力の建築用資材「スパンクリート」の販売好調に加え、生産効率の向上やコスト削減などによる採算改善が利益を押し上げる。上期業績の好調に伴い、通期の同利益も1億8400万円→3億円に63.0%上方修正し、増益率が24.3%増→2.0倍に拡大する見通しとなった。